操れるものを操ってもおもしろくない

操れないものを操れるようになったら、それは操れるものとなる。満たされることはない

はっ 無理にでも動かせばそのうちなんとかなると思ってらあ

結果がこれだよ

子育ては免許制にするべきだ

優しい世界を夢見るけれど、僕自身はクズだった

クズのくせに優しさに浸かりたいらしい。突然素敵な人(曖昧な表現)になったりとか妄想して。輝かしい毎日を過ごしたり。でもやっぱり醜い心が在り続けるのを自覚して。クズだから仕方ないと諦めたつもりであわよくば救われたくて。どうにかならないかな、これ

ガルパ1周年記念プレゼントキャンペーンで当選した

オリジナル QUOカード 500円分だ。キャンペーン終了からもう3ヶ月近く経つがようやく届いた。わーい!絵柄は5バンドの中からランダム。バンド単位では特にお気に入りなどはないのでどこでもよいッス。非売品だからこれは使えませんなぁ

f:id:tensaikyou:20180630111259j:plain

f:id:tensaikyou:20180630111303j:plain

「から」と「けど」

使い勝手が良いからって無意味にこの2つを使う歌詞はどうかと思う。だから何?だけど何?

あとビリーブマイセルフはいい加減にしろ

てかちょくちょく英語を混ぜるなダサいから

芸術家の素顔は知る必要がない

スポーツをする人なら芸術的なプレイ、俳優なら演技、作曲家なら曲、お笑い芸人なら芸、アニメーターなら映像が評価の対象なのであって、それを作り出している人の中身(性格など)は関係がない。というかイメージが崩れるからできるだけ素顔は見せないでほしい。しかし、俳優の誰彼が結婚しただとか作曲家が事件を起こしただとかが注目されるらしい(本当に世間はそんなことを知りたいのか?)。イメージが崩れるとは言ったが、たとえそれを作り出した人間がどんなに悪人であっても作品は作品として正当な評価をされるべきだと思う。事件を起こしたからといって活動を自粛したり、作品の発表をとりやめる必要はまったくない

妹と弟に謝らなきゃ

ごめん…

兄らしいことはなにもできなかった。しかも酷いこともたくさんした。究極的にはこれを産み出した親が悪いんだけど、兄弟にとっては知ったことではないよね。でも面と向かって、さらに何についての謝罪かなんて言えない。ぼくの精神が耐えきれない。ごめんよ

親は自分を勝手に産んだわけだから、こっちも勝手に迷惑をかけてもいい。他人に迷惑をかけるのはよくないが、自分が危険に陥れば赤の他人の事情なんて知ったことではない。でも兄弟は、兄弟だけは…なぜそう思うのだろう。今死ぬならこれだけは未練となる