実は自分には隠された力があって――。

とか考えて気を紛らわさないと絶望してしまう

夢で泣いて、起きたら泣いていた

夢で何故か小学校の同級生に死んだ犬のことについて不満を打ち明けた。返事はなく、ただ聞いてもらっただけだ。目が覚めると泣いていた。

あの子は何のために生まれてきたのだろう。見殺しにした父親の神経を疑う。大したことができなかった自分も冷たい奴だ。何も聞かされず勝手に飼いだして勝手に厄介者扱い。何がしたかったのか。命を粗末にするな!助けてあげられなくてごめんなさい。自分のことで精一杯だったんだ。苦しかったよね。どれだけ苦しかったのだろう。人間ほど苦しくはないのかな。そうであってほしい。命とは何なんだろう。君のことを忘れている日ばかりだけれど、たまにこうして考えるよ。必ず。許してくれなくても仕方のないことだけれど、許してほしい。

夢で泣いて、起きたら泣いていた

夢で何故か小学校の同級生に死んだ犬のことについて不満を打ち明けた。返事はなく、ただ聞いてもらっただけだ。目が覚めると泣いていた。

あの子は何のために生まれてきたのだろう。見殺しにした父親の神経を疑う。大したことができなかった自分も冷たい奴だ。何も聞かされず勝手に飼いだして勝手に厄介者扱い。何がしたかったのか。命を粗末にするな!助けてあげられなくてごめんなさい。自分のことで精一杯だったんだ。苦しかったよね。どれだけ苦しかったのだろう。人間ほど苦しくはないのかな。そうであってほしい。命とは何なんだろう。君のことを忘れている日ばかりだけれど、たまにこうして考えるよ。必ず。許してくれなくても仕方のないことだけれど、許してほしい。

『Redo』という曲の歌詞について

ガルパのカバー曲として収録されているこの曲、かっこいい旋律だなあと思い、歌詞もよく知らずに(なんて言ってるかわかんないし)いつしかCDを買っていたのだが、歌詞をよく見てみるとサビの部分に違和感を感じる(これは誤用ではない)

まずサビ冒頭の「散りばめた想い 今一度きりの願いへ」の部分。「散りばめる」ではなく「鏤める」が正しい漢字。私もそれを知ってから日が浅いので偉そうには言えないが、歌詞完成後に校正はしないのだろうか

そして続く「次への僕に託したよ」の部分。「次の僕に託したよ」とか「次の僕へと託したよ」では駄目なのだろうか。この曲が主題歌となっているアニメの内容が、死んで時間が巻き戻るというもののようなので、「次へ(進むため)の(別世界の)僕に託したよ」ということなのだろうけれど、アニメを知らないと文法を間違えているのではないかと思ってしまう。この歌を聴いている人は皆この部分について考えたのだろうか

それにしてもこの曲もフルサイズだと変なアレンジが加えられていますなあ。途中の音が途切れる演出は良い(素敵だ)けれど、英語でぎゃーぎゃー言う部分は必要なのだろうか。自分に酔ってない?そうでないと音楽なんて作れないのかもしれませんが

新年、あけましておめでとうございますは誤用

新年が明けたら来年になってしまう。「新年」と「あけましておめでとうございます」がそれぞれ独立しているという考え方もできなくはないが…何も考えずに言葉を発するのはどうだろう

死んだ〇〇さんはそんなこと望んでなんかいない!

刑事ドラマでいつも言っているけれど、その殺人をした人が殺人前に死んだとしたら望んでいることになるよね。証明終わり

人間が欲しい

ペットみたいな感覚で。従順なやつ。なんで人身売買はだめなんだろう。良かったとしても高くて買えないか。でもコミュニケーション能力のない者はどうやって楽しく話せる相手を見つければいいの。ずっと独りでいるから話をしたいなんて思わなくなってきたんだけど、今無性に会話がしたい。歯がゆい。夢の中で誰かと話すか。頼むっ。

何か不利益なことが起こると誰かに責任を求めたがる

きっと悪者がいると考え、そいつに罰を与えないと気が済まない。誰かが罰を受けることで解決するものと思い込む。それならばと責任の発生する恐れのあるものが首を引っ込め消えていく。つまらない世界となる。卵のほとんどは孵らないことを思い出せ。