このまま萎縮していくのか

未だ苦しいけれども、ブログを始めた頃に比べたらいくらか楽になった

消したくない 私を創り上げたもの

タイトルは「Lostorage incited WIXOSS」というアニメの曲『undeletable』の歌詞。数ヶ月前の作品。登場人物が輝かしく活躍する物語はもう見るのが苦痛になった私にとってネガティブなこの作品は心地良かった。と思う。

すごく簡単に言うと、「ゲームに負けると徐々に記憶が消えていき、たくさん負けると最後には人格も消えてしまう」というお話。

それでこの曲が心地良かったので久しぶりに好きな曲ができた。でも最近感情移入できなくなってきた。昔の記憶は結構鮮明だし、消したくない反面、苦しい思いをし続けるのなら消えてなくなりたい解放されたいと思ってしまう。

でも自殺しないかぎり突然消えることはできないし、自殺は痛いのが怖いし、(試みたことはないけれど)いざ実行しようとするとこれで終わるのかと思うと悲しくなりそうだし。そうなると嫌でも何年、十何年、何十年と生きる未来があって、普通は親は子より先に死ぬし、親が綺麗に死ぬとはかぎらないし・・・

負けると存在が消えるゲーム、いいなあ